誰でもできる収納術

キッチン吊戸棚の収納術

キッチンの吊戸棚の収納術では、高さと収納するものの重さを考慮しましょう。

 

また、上段においても下段においても、収納用品の出し入れのしやすさを考えるのが吊戸棚の収納術のポイントなのです。

 

吊戸棚は、手が届きにくい上段とそうでない下段とにわかれています。

 

上段に収納するのは、使用頻度が低いもの、軽いものが適しているでしょう。

 

重量があるものは、落下してきた場合の危険を考えると、上段には収納しないのが妥当です。

 

また、たとえ軽いものでも、グラスや皿などの割れものを収納するのは避けた方が良いでしょう。

 

重いものと同様に、落下した時に割れることで、怪我をしてしまう危険性があるからです。

 

上段にはこれらのことを踏まえ、特定の時期にしか使用しないものを中心に収納する事をお勧めします。

 

キッチンに収納するもののうち、仕舞いきれなかったものをまとめて収納しておくのも良いかもしれません。

 

また、どうしても重いものや割れものを収納する場合には、ボックス型の収納用品を使用しましょう。

 

上部に取っ手が付いているものではなく、下部にも指を引っ掛けられるようになっているタイプが便利でしょう。

 

一方、下段には、使用頻度が高いものを収納します。

 

ただし、上段と同様に、重いものや割れものを収納するのは避けた方が良いです。

 

調味料、調理用計量器、サランラップ、アルミホイルといったものを収納するのに適しています。

 

細かいものは収納用品にまとめるのが、吊戸棚の収納術で失敗しないコツです。

キッチン吊戸棚の収納術関連エントリー


Copyright (C) 2010 簡単便利な収納術ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

キッチン吊戸棚の収納術

家の中の様々な所の収納術を紹介します