誰でもできる収納術

キッチンの収納術

キッチンは調理器具、調味料などを数多く収納する場所です。

 

ここでの収納術では、ものをスッキリとまとめることの他、調理をする場ですので機能性が求められます。

 

最も重要なのは、調理台を基点として冷蔵庫や収納棚を近くに設置することです。

 

これにより、ものが取り出しやすくなるだけでなく、調理がしやすくなります。

 

そしてこれだけでキッチンの収納術に求められている機能性は満たしたことになります。

 

問題はどこに何を置くかですが、収納術の基本を考えながら整理していけば、それほど苦労することはありません。

 

使用頻度が高いものは調理台、引き出しといった取り出しやすい範囲に収納します。

 

調理台ではトレイやカゴに調味料や洗剤などをまとめ、引き出しには栓抜きやキッチンバサミなどをまとめて収納すると良いでしょう。

 

反対に、使用頻度が低いものは上棚の上部、下棚の下部といった取り出しにくい範囲に収納します。

 

ただし、重量があるものを上棚に収納するのは良くありませんので、下棚に収納しましょう。

 

下棚は排水管が取り付けられていますから、使い勝手の悪さを感じている人は多いのではないでしょうか。

 

しかし、専用のラックを購入すれば、排水管を邪魔に感じることなく、ものを収納できるようになります。

 

様々な種類が販売されていますので、用途に応じて選ぶと良いでしょう。

 

また、キッチンは湿気が高い場所でもあります。

 

特に下棚の下部は高いので、湿気の影響を受けやすいものを仕舞うのを避けるのが、キッチンの収納術のポイントです。

 

こういう類のものは、上棚の下部に収納すると良いでしょう。

キッチンの収納術関連エントリー


Copyright (C) 2010 簡単便利な収納術ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

キッチンの収納術

家の中の様々な所の収納術を紹介します