おしゃれな部屋の収納術

食器の収納術

食器の収納術では、出し入れのしやすさを最優先に考ましょう。

 

ただし、食器といっても種類は様々で、形状やサイズは異なるものが多いでしょう。

 

そのため、それぞれの食器に合わせた収納術を実践する必要があります。

 

たとえば平らな皿なら、積み重ねない方が出し入れしやすいでしょう。

 

皿立てを用意し、立てて並べておくと便利なのです。

 

棚に入れる場合には、下の段に入れておけば出し入れが簡単でしょう。

 

また、グラスは同じような種類のものをまとめて収納用品に入れましょう。

 

棚に入れる場合は引き出しやすい形状の収納用品が便利なのです。

 

グラスと同様に、醤油皿のような小型の食器は、収納用品にまとめて入れておきましょう。

 

そうする事によって、棚から出し入れをする際のめんどくささを感じずに済むでしょう。

 

茶碗やどんぶりなどは、食器棚に入れておくと出し入れがしにくい場合があります。

 

引き出しに入れておけば、この問題を解消することができるでしょう。

 

ただし、引き出しが茶碗やどんぶりの重さに耐えられない事があります。

 

さらには、食器を入れすぎてしまうと、重さで引き出しにくくなったりもしますので、十分注意が必要です。

 

また、食器の中にはラーメンどんぶりなど、なかなか使う機会がないものもあります。

 

このような食器は、キッチンシンク下など、スペースに余裕がある場所に収納する事をお勧めします。

 

もし食器の収納スペースが確保できない場合には、数が多過ぎるのかもしれません。

 

必要ない食器は思い切って処分する事も、収納術の大切なポイントなのです。

食器の収納術関連エントリー


食器の収納術

家の中の様々な所の収納術を紹介します