誰でもできる収納術

衣類や家具の収納術

家の中の様々な所の収納術を紹介します

衣類や家具の収納術エントリー一覧

クローゼットの収納術
クローゼットは、簡単な収納術を実践するだけで片付けやすくなるのです。クローゼットの収納術で大切なことは、掛けておく上着などの長さを統一すること、収納用品を活用することにあるのです。購入する収納用品に関しては、デッドスペースに合わせて選ぶと失敗しないでしょう。「何を仕舞っておくために購入する収納用品なのか」を考えると、なお良いでしょう。収納用品の置き場所としては、短い上着などが掛けてある場所、クローゼットの扉の裏です。短い上着などが掛けてある場所には、引き出し式、キャスター付きの収納用品を置くと良...
押入れの収納術
押入れは、収納術を実践することで、容量を最大限に活かせるようになるのです。単純に「ものを積み重ねておくだけ」「詰め込んでおくだけ」では失敗してしまうでしょう。効果的に収納用品を使っていくのが、押入れの収納術のポイントなのです。また押入れの収納術としては、上段、下段、天袋に分けて、収納するものを考えるのが大切でしょう。上段には使う布団だけを収納し、使わない布団は圧縮してから片付けます。その結果、充分なスペースが確保できるようであれば、ポールハンガーや引き出し式の収納用品を使って服やバッグなどを収納...
衣類の収納術
衣類には、ハンガーなどに掛ける場合の収納術と、たたんで引き出しに仕舞っておく収納術があります。ハンガーは上着を掛けておくには適していますが、他はたたんで仕舞うのが適していたりします。そのため、たたむ収納術を習得することで、よりたくさんの衣類を収納できるようになるでしょう。たたむ収納術は、衣類を仕舞う収納用品の幅や奥行きに合わせるのが重要なのです。Tシャツ、トレーナー、ニットは、たたむ際に背面を上にします。左右を収納用品の幅に合わせて折り、今度は縦に2回折ります。Yシャツの場合は、ボタンを留めてか...
衣替え時の収納術(秋冬〜春夏)
秋冬〜春夏の衣替え時の収納術を覚えておきましょう。まずする事は、収納場所の確保です。秋冬ものは使用頻度が低くなるので、クローゼットや押入れの下段や天袋に収納します。後はただ押し込めておけば良いというわけではなく、収納場所に合わせた収納用品を使用するのです。積み重ねることができるので、フタ付きの衣装ケースが適しているでしょう。衣装ケースには、衣類と一緒に防虫剤を入れるのを覚えておきましょう。ダウンジャケットやセーターといったボリュームのあるものに関しては、圧縮袋を使用するのが収納術のポイントなので...
衣替え時の収納術(夏〜秋)
夏〜秋に軽く衣替えを済ませておけば、冬の本格的な衣替えに備えることができるでしょう。するべきことは秋に着る衣類を取り出し、春夏に着なくなった衣類を収納するだけです。春夏に着ていた衣類の中には、秋にも継続して使うものがあるかもしれませんが、それは残しておいても構いません。ただし、冬の衣替えに備えて、クローゼットや押入れの収納スペースには余裕を持たせておきましょう。冬には厚手の衣類がクローゼットや押入れを占領することを考えると、秋の収納術には引き出し式の収納用品を使った方が良いでしょう。基本通りにた...
衣替え時の収納術(春夏〜秋冬)
春夏ものから秋冬ものに切り替える際の収納術を紹介しましょう。まずは秋冬ものの衣類を出すところから始めます。新しいものを購入すると、不必要になるものが出てくる事もありますが、その場合は処分します。必要なものを残したら、軽く手入れをしていきましょう。服は風通しの良い場所にしばらく掛けておくなどし、防虫剤の臭い、湿気を取り除いていきます。ただし、ダウン、レザーの場合は風通しの良い場所に陰干ししておきましょう。薄手の衣類は洗濯するのもお勧めです。ブーツには防水スプレーを吹きかけておき、ファーやモヘアはブ...
衣替え全般に役立つ収納術
衣替えの収納術では、いくつか押さえておきたいことがあるのです。ひとつは、汚れた状態で収納しないという事です。見た目はきれいでも、汚れが隠れている場合もあるのです。結果として服の汚れが取れなくなってしまったり、虫に食われてしまったといった原因になるのです。自宅で洗える服なら洗濯機で、そうでない場合にはクリーニング店を利用しましょう。そして、自宅で洗濯をした場合には、充分に乾燥させることが大事なのです。完全に乾いていない状態で収納すると、カビの原因になります。また、クリーニング店を利用した場合、服に...
梅雨時の収納術
日本に住んでいる限り避けられないのが梅雨時なのですが、湿気が高く、カビが生える原因になってしまいます。この時期ならではの収納術を覚えて、少しでも快適に過ごしたいところです。簡単に実践できるのは、クローゼットや押入れの扉を閉め切らないという事です。クローゼットや押入れの内部には湿気がこもりがちですので、扉を閉め切っているとカビが生えてしまいます。定期的にクローゼットや押入れを開放し、空気の入れ替えましょう。この他には、押入れやクローゼットの中に除湿剤を置けば湿気を取ることが可能ですが、もっと手軽な...

Copyright (C) 2010 簡単便利な収納術ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集