誰でもできる収納術

衣替え時の収納術(秋冬〜春夏)

秋冬〜春夏の衣替え時の収納術を覚えておきましょう。

 

まずする事は、収納場所の確保です。

 

秋冬ものは使用頻度が低くなるので、クローゼットや押入れの下段や天袋に収納します。

 

後はただ押し込めておけば良いというわけではなく、収納場所に合わせた収納用品を使用するのです。

 

積み重ねることができるので、フタ付きの衣装ケースが適しているでしょう。

 

衣装ケースには、衣類と一緒に防虫剤を入れるのを覚えておきましょう。

 

ダウンジャケットやセーターといったボリュームのあるものに関しては、圧縮袋を使用するのが収納術のポイントなのです。

 

衣装ケースを積み重ねる順番ですが、薄手の衣類が入っているものは上です。

 

突然気温が低下した日に取り出しやすくする為です。

 

使用頻度が最も低い、コートなど厚手の上着が入った衣装ケースは、最も下に置くと良いでしょう。

 

ちなみに、マフラー、ファー、手袋といった小物は、片付けるを忘れてしまいがちです。

 

形が崩れてしまうのを防ぐためにも、ケースに入れて収納することが大事なのです。

 

衣装ケースを積み重ねている場所のそばにケースを置いておけば、探し出せなくなるという心配が無いでしょう。

 

春夏ものはかさ張りませんので、引き出し式の収納用品が活躍します。

 

段ごとに入れる衣類の種類を分けるのが、収納術のポイントです。

 

よく着用するもの、引き出しにおさまりきらないものに関しては、ハンガーに掛けておきます。

 

また、春夏ものを出した段階で、不必要なものは処分してしまいましょう。

衣替え時の収納術(秋冬〜春夏)関連エントリー


Copyright (C) 2010 簡単便利な収納術ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

衣替え時の収納術(秋冬〜春夏)

家の中の様々な所の収納術を紹介します