誰でもできる収納術

押入れの収納術

押入れは、収納術を実践することで、容量を最大限に活かせるようになるのです。

 

単純に「ものを積み重ねておくだけ」「詰め込んでおくだけ」では失敗してしまうでしょう。

 

効果的に収納用品を使っていくのが、押入れの収納術のポイントなのです。

 

また押入れの収納術としては、上段、下段、天袋に分けて、収納するものを考えるのが大切でしょう。

 

上段には使う布団だけを収納し、使わない布団は圧縮してから片付けます。

 

その結果、充分なスペースが確保できるようであれば、ポールハンガーや引き出し式の収納用品を使って服やバッグなどを収納しましょう。

 

下段にもやはり収納用品を使うのですが、手前側には衣類、掃除機、アイロン、玩具など使用頻度が高いものを収納しましょう。

 

奥には使用頻度が低い季節ものの服、家電製品などを収納しておくと良いでしょう。

 

また、取り出しやすさを考慮し、収納用品はキャスター付きのものを選ぶことが大事なのです。

 

天袋には使用頻度が低いものを収納しておくのが妥当でしょう。

 

ただし、重量がありすぎるものを仕舞うには向いていません。

 

取り出しやすさを考えるのであれば、手前側に取っ手の付いた収納用品を選びます。

 

また、防虫対策、湿気対策を怠ってはいけないのです。

 

特に湿気は下段の奥がこもりやすいので、除湿剤が欠かせません。

 

収納用品に衣類を入れる場合には、防虫剤を一緒に入れておきましょう。

 

上段のポールハンガーに衣類を掛けておく場合には、吊るしておくタイプの防虫剤を使いましょう。

押入れの収納術関連エントリー


Copyright (C) 2010 簡単便利な収納術ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

押入れの収納術

家の中の様々な所の収納術を紹介します