誰でもできる収納術

紙の収納術

チラシ、DM、書類といった紙の収納術は、処分のタイミングや保存のしかたが重要でしょう。

 

チラシ、DMは必要ない場合には受け取らないか、すぐに捨てるのが基本なのですが、そうでない場合にはウォールポケットを使いましょう。

 

ウォールポケットは、中身が分かりやすい透明なものが適しているのです。

 

ひとつのポケットを1日ぶんとし、そこにチラシなどを入れておきます。

 

入りきらなくなったら、古い日付のものから順に捨てていくサイクルを作りましょう。

 

書類はチラシやDMと比較して重要度が高い場合が多いですから、保存期間を設定しましょう

 

長くても1年程度が適当ですが、種類別に書類ケースやファイルにまとめておくのが収納術のポイントでしょう。

 

書類ケースやファイルには何がまとめられているのか把握するため、見える場所にタイトルを付けるなどの工夫が必要です。

 

また、年賀状の収納に困っている人も少なくないでしょう。

 

相手のことを考えると、すぐに処分するのはさすがに躊躇われます。

 

しかし、何年分も取っておくのはスペースの無駄遣いなのです。

 

あらかじめ2、3年と保存期間を定め、過ぎたものは処分してしまいましょう。

 

100円ショップで購入できるはがきケースを保存年数ぶん用意し、1年ぶんずつ分けて保存しておくと効率的です。

 

処分した年のケースに新年の年賀状を入れ替えるだけですから、煩わしさを感じずに済む収納術なのです。

 

処分する年賀状に誤りがないように、何年の年賀状かを記載したラベルを貼れば確実でしょう。

紙の収納術関連エントリー


Copyright (C) 2010 簡単便利な収納術ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

紙の収納術

家の中の様々な所の収納術を紹介します