誰でもできる収納術

小物の収納術

小物の収納術は、単純にまとめておくだけでは失敗してしまいます。

 

整理しているつもりが、収納用品にごちゃごちゃとものが入れられ、目当てのものが見つからないことがあります。

 

ただまとめておくのではなく、種類ごとにまとめておくのが、小物の収納術の基本となります。

 

たとえば、食卓用品、薬、化粧品、装飾品、筆記用具などに分類します。

 

そしてこれらを何に収納するのかを考えます。

 

この時、出し入れのしやすさや、収納しているものの分かりやすさに気を配ることが大切です。

 

食卓用品の場合、箸を例にすると箸箱か箸入れかの選択肢があります。

 

出し入れのしやすさ、誰から見ても分かるものという点を考えると箸立ての方が適しているでしょう。

 

スプーンやフォークなどは、立てておくか、引き出しに仕舞うかで迷います。

 

引き出しに仕舞う場合には仕切りを設けて、スプーンやフォークなどが混在しないようにしましょう。

 

薬や化粧品は中身が見える収納用品が適しています。

 

引き出し式でも良いのですが、出し入れのしやすさを考えるとカゴが良いでしょう。

 

筆記用具は、ビンのような形状で立てておける収納用品が便利です。

 

装飾品は他のものと違って注意しなくてはいけないことがあります。

 

よく、収納術として袋にまとめておくのが良いといわれたりしますが、これは避けた方が良いかもしれません。

 

なぜなら、袋の中でひとつひとつの装飾品がぶつかり合い、傷が付いてしまう恐れがあるからです。

 

そのため、装飾品の収納には、仕切りを設けた小さい箱のようなものを使いましょう。

小物の収納術関連エントリー


Copyright (C) 2010 簡単便利な収納術ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

小物の収納術

家の中の様々な所の収納術を紹介します