誰でもできる収納術

ラックを用いた収納術

 

収納スペースを確保するために、ラックを購入する人は多いのではないでしょうか。

 

ラックは、収納だけでなく、生活空間をお洒落に演出する為に使われる場合もあります。

 

設置したい場所に合うかどうかを考えながら選ぶのが、ラックを用いた収納術のポイントでしょう。

 

たくさんの種類がありますので、それぞれのラックの特徴を把握し、収納術に活かしましょう。

 

代表的なのは、本棚、フリーラック、カラーボックス、シェルフ、ライトシェルフ、メタルラック、ウッディラックといった種類です。

 

本棚は、文字通り本を並べるための棚ですが、サイズが大小様々で、置きたい場所に応じて選べる魅力があります。

 

フリーラックは、奥行きがあること、棚板の高さを自由に決められるという特徴があります。

 

カラーボックスは、部品を買い足したり、キャスターを付けたりなどアレンジがしやすいだけでなく、比較的安価で購入可能です。

 

シェルフは、デザイン性に優れ、大抵は柱が金属、棚板がガラスや木でできています。

 

ライトシェルフは、シェルフの廉価版的な位置付けですが、軽量で組み立てやすいのが魅力的です。

 

メタルラックは、金属製で、組み立て・組み変えの自由度が高く、収納力に優れているという強みがあります。

 

ウッディラックは、メタルラックの木製版のようなもので、組み立て・組み変えはしにくくなりますが、柔らかい印象が魅力的です。

 

収納術として活用するラックに困ってしまった場合、機能性を重視するならメタルラック、デザイン性を重視するならシェルフが良いでしょう。

ラックを用いた収納術関連エントリー


Copyright (C) 2010 簡単便利な収納術ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ラックを用いた収納術

家の中の様々な所の収納術を紹介します