誰でもできる収納術

引き出しを用いた収納術

引き出しは収納術で大いに役立てることができます。

 

引き出しを用いた収納術では、設置場所と中身のことを考えなくてはいけません。

 

設置場所については、リビングなどの見えるところ、クローゼットなどの見えないところに分けられます。

 

見える場所なら他のインテリアとの調和を意識し、デザイン性を重視します。

 

見えない場所なら、容易に出し入れができること、中身が把握できることを意識し、機能性を重視します。

 

設置場所の高さ、奥行き、幅に合わせて、購入する引き出しを考えることも大切です。

 

中身については、リビングなどの引き出しが見える場所なら隠れた方が良いでしょう。

 

反対にクローゼットなどの見えない場所なら、中身を確認できた方が良いでしょう。

 

また、中身のサイズや形状と合った引き出しを選ぶ必要があります。

 

できれば、ある程度は何が入っているのか推測できる引き出しが良いでしょう。

 

他には、中身の重量を考慮するのが、引き出しを用いた収納術のポイントです。

 

軽い場合はそれほど意識する必要はありませんが、重い場合にはしっかりした作りの引き出しを用意しなくてはいけません。

 

引き出しに何を入れるのかも注意しなくてはいけません。

 

濡れたり、汚れたりするようなものを入れる場合には、木製の引き出しは向きません。

 

簡単に拭き取れるなどの理由から、プラスチック製の引き出しを選ぶと良いでしょう。

 

ちなみに、衣類であれば木製の引き出しの使用が適しています。

引き出しを用いた収納術関連エントリー


Copyright (C) 2010 簡単便利な収納術ナビ All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

引き出しを用いた収納術

家の中の様々な所の収納術を紹介します